Speaking Task 4 & 6 (Academic Course Content) 音声添削コース

Speaking 音声添削コース Task 4 & 6  (Academic Course Content) Set A

受講期間 4か月 (120日間) 受講期間延長・再受講に無料で対応
受講料

Task 4 & 6 音声添削コース

16,000円(テキストなし) 

※ 教材のOfficial TOEFL iBT Tests “Volume 1″は、ご自身で用意いただきます

 

コース種類 セットA

全4問 Task4 2問(各問2回 計: 添削4回) Task6 2問(各問2回 計: 添削4回)

 

自分の回答を採点して欲しい! 本試験で思ったとおりのスコアにならない理由を知りたい!
自分の弱点を知りたい! 自分の回答をどう改善すべきか教えて欲しい! という声にお応えします。

Speaking音声添削コースでは、Web TOEFL Speaking担当であるETS公認トレーナー五十峰の指導・監修のもと、問題に対して録音した音声回答ファイルに対して、弊社ネイティブスタッフ(Writingの添削も担当)が
音声でのコメント、アドバイス、模範発音、採点(以下、フィードバックとします)を行います。

フィードバックは、回答音声ファイルに、音声でコメントを追加して行います。

音声ファイルはご自身のメールアドレスから添付で送信。
弊社ネイティブスタッフからのフィードバックファイルは、送信されたメールアカウントに返却されます。

フィードバックの3つのサンプルを「無料体験授業」内の「Speaking音声添削コース “Task 1 & 2” 音声添削サンプル」 で確認できます。

教材

Official TOEFL iBT Tests “Volume 1” の問題に回答いただきます。こちらの教材はご自身でお求めください。

コースに含まれるもの

1.フィードバック

A. 改善すべき箇所、理解できない箇所の指摘と指導: 指摘すべき箇所があり次第、
一時停止し、何が問題であるか、またどのように改善すべきかをお伝えします。

内容理解に支障をきたすレベルの発音ミス・改善すべき発音に関しては、模範発音を指導します。

B. 採点: 回答全体に対するETS採点基準に基づいたスコアに加えて、
Speaking 採点項目である「Delivery」「Language Use」「Topic Development」それぞれに対するスコア(レベル)もお知らせします。

2.サンプルレスポンスコース内でそれぞれの問題に対する4点レベルのサンプルレスポンスとその音声をお渡しします。

質問メール

学習「方法」に関する質問は五十峰が直接回答します。

「ネイティブスタッフからのフィードバックが理解できない/聞き取れない」「何と言っているか教えて欲しい」という質問をすることはできません。

Speaking音声添削コースはネイティブスタッフのフィードバックを理解できるだけの基本的なListening力があることを前提とさせていただきます。

添削返却

提出後72時間以内 (土日、祝日、年末年始 含まず)

提出ルール

受講期間は120日間ですが、受講期間を過ぎても音声回答の提出は可能。
受講期間終了後は、無料提供の「受講期間延長」をお申し出ください。