3週間でリスニング12アップ その2

2009-06-19

CATEGORIES 受講生スコアアップ報告by.Katsurayama0 Comments

前回の投稿で紹介した、3週間足らずで+12のスコアアップを達成されたKさんからいただいた取り組みの詳細をそのまま紹介します。

(以下、Kさんから先日いただいたメールのコピーです)

参考になるか分かりませんが

Web TOEFL開講してからの2週間ちょいを振り返ってみました。

5月半ば開講してから~5/31まで

私がやっていた勉強は以下だけです。

毎朝早起きして、出社前にe-learingを見る。必ず、机に向かう。

家を出発後は、コピーしたDeltaのついたスクリプト(マーカー付)を常に持ち歩き、授業で習ったところに注意してひたすら聞き込んでました。

内容をリピート、つぶやくをやってました。

ただ、ひたすら凄い地味に、この作業をしていました。

Deltaは一つ一つが短いし達成感も得られるので、助かりました。

細切れにしか時間が作れなかった私には非常に学習がしやすかったです。

例えば、5分間の時間が出来たら

「今、ここから、ここのセンテンスを練習して

CDの音声と同じようになめらかに言えるように頑張ろうとか・・・」等

よくやってました。

常に短い時間でも小さな目標を立てつつ学習してました

また、それがいつでも出来るように、ICレコーダー持ち歩きでした()

振り返ると、今の方が勉強少ないかもと少し焦ってきました。

というわけで、学習に戻ります。

いかがでしょうか。

これを読んだ誰もが感じるものがあるはずです。

私はこれまで「TOEFLはすぐに簡単にスコアが上がるような試験ではない!」ということを繰り返し、お伝えしてきました。

あまりにも繰り返し書いたので、弊社スタッフからは、商売の妨げになりかねないと注意を受けたほどです。

しかし、TOEFL iBTのスコアアップが楽なものではないからこそ、このブログを読んでいる多くの方がいらっしゃるはずです。

忙しくてTOEFL対策の学習時間がなかなか取れないような人が、どうやったらスコアがあがるのか?


その解決方法が、この
Kさんの取り組みから見つけられるはずです。

Kさん、掲載許可および取り組みの詳細まで教えていただき、改めて感謝申し上げます。


これからも
Kさんの挑戦をスタッフ一同応援していきます。

 

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。