(続)TOEFL iBT受験ポリシー変更:21日間に1回受験可能

2012-12-20

CATEGORIES iBT申込開始 速報by.Katsurayama0 Comments

先日お伝えした

TOEFL iBT受験ポリシー変更: 21日間に1回受験可能(2012年12月16日)

ですが、

Change in Repeat Policy for the TOEFL iBT® Test

Beginning in January 2013, there will be a change in the Repeat Policy for the TOEFL iBT® test. Test takers can still take the test as many times as they wish, but only once within a 21-day period. If a test taker has an existing test appointment, he or she cannot register for another test date that is within 21 days of the existing appointment.

Posted: December 14, 2012

Twitter上で「12月中は21日間以内でも申込み可能か」「また申し込んでも問題ないか」というご質問をいただきました。

TOEFL公式サイト(日本語)

には

再受験方針の改訂: 2013 年 1 月より TOEFL iBT テストの再受験方針が改訂されます。テストは好きなだけ何回でも受け直すことができます。ただし、再受験は 21 日以上経過してからとなります。現在すでに受験を申込んでいる場合は、その受験日から 21 日以内の日程で再受験を申込むことはできません。この方針に違反した場合は、スコアの取り消しならびに今後の受験の禁止という措置にいたり、受験料は返金されません。

と「スコアの取り消し」「今後の受験の禁止」「返金されません」と非常に物騒なことが書いてあります。

TOEFL公式サイト(英語)

にも当然、同様の内容の記載があります。

Change in Repeat Policy: Beginning in January 2013, there will be a change in the Repeat Policy for the TOEFL iBT test. Test takers can still repeat the test as many times as they wish, but only once within a 21-day period. If you have an existing test appointment, you cannot register for another test date that is within 21 days of the existing appointment. Violation of this policy will result in your scores being canceled, your test fee will be forfeited, and you may be banned from future testing.

しかし、ここに書かれているのは「2013年1月より」ということですので、2012年内に21日間ポリシーに反する形で、来年3月までの試験に申込むことは問題ないはずです。
また実際に来年になったとき、おそらく21日間以内の試験日は申込み可能な日程として、試験申込画面には表示されず、申込はできないようになると思われます。
(昔、受験期間の縛りがあった当時はそうなっていました)

実際に書かれてはいますが、申込が可能な状態にしておきながら、スコアがキャンセルされたり、受験料が没収されることはないのではと推測します。
また「今後の受験の禁止」に関しては、日本語TOEFLサイトでは、違反したらそうなると書いてありますが、英語TOEFLサイトには

you may be banned from future testing.

と”may”がついているので、よほど悪質なものでない限り、そのような措置を受けることはないと思われます。

上記を裏付けるものがどこかに書いていないかと調べてみたら、AGOS JAPANがプロメトリックに確認をしていました。

【重要】TOEFL iBT受験ポリシーが21日間に一度の受験に変更

本ポリシーは2013年1月以降に新たに予約申し込みを行う分から適用になるため、
既に予約済みのものや2012年12月中に予約を行ったものについては適用外。

※短期間に複数回の受験が必要な方は、今月(2012年12月)中に予約しておく必要があります。

とのことです。

とは言っても、現時点で申込受付ができるのは来年3月までですし、その時期に多くの回数の受験が必要な方は来春までに出願される人か、現時点で目標スコア近くを獲得済みの人に限られるでしょう。
目標スコアまでかなり離れている時点で多くの回数受けてもあまり効果はありません。
受験代がかなりかかるだけではなく、受験しなければ何時間も取れたであろう学習時間を失うことになります。

短期間にできるだけ多く受験しようとするのは、目標スコアを獲得できそうなくらい実力が上がってからにしましょう。
それまでは1-2ヶ月おきの受験で十分に実力の向上が確認できます。

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。