新形式のReadingセクションに関して その4

2011-11-19

連載の続きです。


本日は、TOEFL iBT 新形式のReadingセクションでの「ダミー問題」に関して。


先日の投稿


明日11/12(土)の試験からReadingセクションが変わります(2011年11月11日)


では


「4パッセージがダミーのとき、ダミー問題が何番目になるか分かりにくい」


と書きました。


ダミー問題について書く前に、もう一度、2011年11月から始まったTOEFL iBT 新形式のReadingセクションについて確認します。

新形式のReadingセクションのパッセージ数と制限時間は


3パッセージ(60分)

or
4パッセージ(80分)


のいずれか。


この3-4パッセージの間は、問題を行き来することができます。

問題を回答せずに飛ばしても、後で画面上のReviewボタンをクリックすれば、問題の一覧から未回答の問題を確認でき、瞬時に戻ることができます。


では、ダミー問題の話に戻ります。


いわゆる「ダミー問題」とは、スコアに換算されない問題のこと。


Readingセクションで3パッセージが出題された場合、ダミー問題はありません。

つまり、3パッセージの問題すべての正解ポイント数がスコアに換算されます。


新形式のReadingセクションで4パッセージが出題された場合、その内の1パッセージの問題がスコアに換算されないダミー問題になります。


気になるのが4パッセージ出題された場合、どの問題がダミー問題なのか。


もしReadingセクションが始まった時に4パッセージのどれかがダミー問題(スコアに換算されない問題)か分かれば、ダミー問題となるパッセージには全く時間を費やさずに、残りの3パッセージに80分間の時間をかけることが可能になり、極めて有利な状況が生まれます。


私は、以前の形式のReadingにおいて


Reading 3パッセージ終了後、Readingがまだ続き、「これ前にも出題された」と思う2パッセージの問題が出題されたなら、その問題は「換算されない問題」の可能性が高いとは言えます。

(以前にも出題された問題かどうかの判断を持つためには、数回の受験経験が必要ですが。)


ダミー問題に関して その3(2009年5月15日)


と書きました。では


新形式のReadingでも「以前に出題された問題はダミー問題になる可能性が高い」のか?


私の答えは


「分からない」


です。


第1に、新形式のReadingは始まったばかりであり、過去と同様に、繰り返し出題される問題がダミーとなる可能性が高いと言い切れるだけのデータは十分にありません。


第2に、以前の形式では、ダミーが出題される場合は、5パッセージ中の2パッセージがダミーでしたが、新形式では4パッセージ中の1パッセージがダミーになり、ダミーが出題される際のパターンが異なります。


第3に、先週末のReading新形式の試験で、繰り返し出題された問題が明らかにダミーではないケースが報告されています。


メールでいただいた新形式のReadingに関するご報告の中に


「60分、3パッセージで出題されたReading問題の3パッセージ目が以前受験した際に出題された問題であった」


というものがありました。
3パッセージですから、ここでの3パッセージ目の問題は当然ダミーにはなりません。

(ご報告をいただいた方から了承を得て、掲載しています。掲載に快諾いただき、ありがとうございました。)


また、北米在住の弊社スタッフが11/11(金)に受験した際


「Reading 4パッセージ中の3パッセージが、2年ほど前に受験したときと同じ問題であった」


という報告も受けています。


そして第4に、ダミーとして出題された問題が、その後スコアに換算される場合も十分にあり得るはずです。


よって、現時点での結論としては、これまでお伝えしていることと変わりません。


Readingが4パッセージであっても、 すべての問題を全力で解きましょう。

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。