Writingで20を取るためのIndependent Task戦略 ~ TOEFL iBTで80点を取るためのスコア戦略(その6)

2009-05-31

CATEGORIES 80点を目指すby.Katsurayama0 Comments

前回と前々回の投稿では、TOEFL Writing Independent Task1点、2点のサンプルをお見せしました。

今回は、3点のサンプルエッセイをお見せします(出典は同じ)。

ただこのサンプルエッセイ、367語と長いので、一番下に掲載します。

今回は、先に注釈を見てみましょう。

「このエッセイは、第1段落で繰り返しを多く含んでおり、最終段落でもまた繰り返されている。The main body paragraph(第2段落)では、嘘がまねく結果を説明するために2つの話が挙げられている。表現のミスが多く、文法や単語は決して優れたものとは言えない。」


全体的に辛口ですね。

実際にミスも多いのですが、内容的にもほとんど意味不明です。

ここで確認したいのは、3点というスコアは満点の5点よりも2段階低いということです。


満点から
2段階も低いということは、3点は分かりにくいところやミスがそれなりにあっても取れるスコアであると言えます。


Writing
20点(つまり3点平均)を取ることが目標の方は、表現ミスや文法ミスを恐れてはいけません。

もちろんミスが極度に多い場合、スコアは3点よりも下がる可能性があります。

しかし、文法的・表現的に正確かどうか自信がなくても、ミスを恐れるあまり書くのに時間がかかりすぎるよりは、「ミスがいくらかあってもOK」とし、書きたいことを書ききることを優先しましょう。

今回のサンプルエッセイのように370語も書く必要はありませんが、3点を取るためには250語以上くらいは書きたいところです。

4点以上を取るには、300語以上が目標になります。)


この
3点のサンプルエッセイは、繰り返しや、表現や文法ミスも多いのですが、300語を超えていることが3点という評価をもたらした1つの要因でしょう。もしこのエッセイが半分くらいの量までしか書けなかったら、2点だったはずです。

と、量を書くことも大切と言われても「それなりの量をどのように書いたらいいのか?」と思われるかも知れません。

TOEFL Writing Independent Taskで良い評価を得るためのポイントは次回の投稿で。

 

(お題)

Always telling the truth is the most important consideration in any relationship.


3点のサンプルエッセイ)

The relationship between people is very important. It is important that people have to work together to make a better life. It is sometimes hard to keep a good relation between people. Telling the true sometimes make people problem. In my opinion, I agree that people should always tell the true to make a good relationship between people but in the right time.

People should be honest to each other ever about what they are telling. It is some time important to tell the true. The story of a boy who take care the sheaps in the field is a good example. He was a good boy, but one day when he thought that lying is fun put him in a big trouble. After he lied to people, he lost his trust made him a big trouble when the wolf came. This is a good example of how bad lying is. In the way to make a good relation, people should tell the true whether it may not good in some situation, but everything can be better if people learn if people learn when they should say it in the proper time. From my experiences, I used to lost my trust because I did not tell the true. When I was young, I wanted many toys, but I did not have money. I stole people money and lied about where I got the money. One day, everyone found that I stole money and lied to everyone. No one believed me any more. After I grow up and learn that lying is not good, so I always try to tell the true. It made me feel a lot better than before. However, telling the true can make prople sometimes if people don’t learn about when they should say. For example, telling the true to women can make them lose their confident and put men in trouble sometimes.

In the conclusion, I agree that people should always tell the true to make a good relationship; however, I think the most important about telling the true is time. If people tell the true in the wrong time, they can be in trouble anyway. The key is tell the true in the appropiate time.

367 words


いかがでしょうか。

語数は確かに多いのですが、このくらいのエッセイなら書けそうな気がしますか?

ほとんどが中学3年生、高校1年生レベルの単語です。

Writing20になっていない方は、まずはこのくらいの単語レベルでエッセイが書ければいいと考えて下さい。

それにしても、お題に“telling the truth”とあるのに、エッセイでは“telling the true”と間違いを連発しているのはモッタイナイ。

このようなミスは絶対に避けましょう。

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。