101獲得のご報告をいただきました! その1

2010-10-23

CATEGORIES 受講生スコアアップ報告by.Katsurayama0 Comments

ウェブトフル受講生のKさんから10/9TOEFL iBT試験で101獲得のご報告をいただきました。

Kさんは昨年の9月にListening, Reading Deltaコースの受講を始めました。

その当時のスコアは70点くらい。

Listening Delta 18 Dayコース20099月初から)

Reading Delta 18 Dayコース20099月末から)

その後、上記の2コース(受講期間120日)を20101月と3月に2回、受講延長をしました。

(ウェブトフルのコースはどのコースも無料で何回でも受講期間延長・再受講が可能です。また再受講期間においてもメール質問制度等のサポートは変わりません。

そして

Listening OG 8 Day演習コース20108月初から)

を受講され、現在、10月に開始したばかりの

Reading OG 8 Day演習コース

Integrated Writing 4 Dayコース

を受講中です。

Kさんの過去3回のスコアは以下の通り。

7/10 79 R18 L21 S20 W20
8/14 88 R22 L24 S22 W20
8/28 85 R20 L28 S20 W17

現在80-90点台でスコアが停滞しているという方々には、Kさんからのご報告は、刺激と励みになるはずです。

以下、Kさんからいただいたメールのコピーです。

また掲載許可の依頼のメールに対する返答のメールも次回の投稿で紹介させていただきます。

イーテストプレップ 葛山先生

いつも大変お世話になっております、Reading OG 8Dayコース受講者のKです。

Reading OG 8Dayコース、Integrated Writing 4Dayコース受講時に、

OG Listening 8Dayコース終盤で受験した際のTOEFLLのスコアが28になりました!!

ただ先日(10/9)受験したTOEFLLは前回のような手応えは無く、回による問題の難易度を改めて痛感した次第です。ただ、DeltaOGの効果は確実に感じているので(speakingwritingでの聞き取り等)、Listeningに関してはDeltaを含めたこれまでの復習を行っていきたいと思います。そして、Readingに関してもDeltaの復習により、単語力と読むスピードが向上したと感じられましたので、OG受講を開始致します。先生にもご相談したWに関してですが、10/9では先生のブログでや受講生画面のテンプレの方法で、語数を増やす作戦をとりました。スコアが出ましたら、結果をご報告致します。

とお話させていただき、本日10/9の結果が出ましたのでご報告させていただきます。

先生、驚いて下さい!! 101獲得致しました!!

内訳は以下のようになっています。

R 26 L 29 S 22 W 24 T 101

Lに関しては全く手応えがなかったので、前回の28からの大幅なスコアダウンを覚悟したのですが、結果的に29というスコアでした。これは大変運が良かったのだと思います。

ずっと鬼門だったRも今回がベストスコアです!!

また、上記に記したWに関してですが、

Integrated task: GoodIndependent task: Fairとなりました。

Integrated4Independent3.5ということになりますが、ここで興味深いのは、Independent taskに関しては、先生がブログや受講生画面にて公開されていた語数を増やすテンプレートと用いて、300 words以上(正確には310)を達成し、結果、スコアが34になったという点だと思います。これまで内容発展をさせたり、理由を思いつくのに時間がかかってしまい、なかなか300 wordsを超えられなかった私と致しましては、redundancyがあったとしても語数を増やすことによって4がついたことは大変意味のあることだと思います。10/9はまだIntegrated task 4Dayコース受講前であったため、特別な対策なく、先生のテンプレートにより語数を増やすことだけ考えてテストに臨みました。このことにより、特にwriting力が向上したというよりも、語数の面で評価が上がったのではないかと考えられます。

したがって、先生が紹介されたテンプレートは受験生にとって、大変有効な策であることが

伺えます。これからも受講生及びブログを見る人に対して「語数稼ぎ押し」は悪いことでは

ないかもしれません。このことが先生のデータの一部になれば幸いです。

ひとまず100点を超えることができ、出願に対する選択の幅が広がったことを大変嬉しく思います。

なかなか80の壁を越えられず、前回までのベストスコアが88ということで、不安や焦りを感じておりましたが、今の時期に100点を超えることができ、本当に、本当に嬉しく思います!!

これまで、ブログでの激励のお言葉や受講生の方からのご報告により大変沢山の刺激をいただきました。

また、個人的にご相談させていただた際にも、その時々に応じた適切なアドバイスを沢山いただきました。

温かいお言葉や的確なアドバイスにより、焦りの気持ちがリセットされ、いちから頑張ろう!と思うことが出来ました。

web TOEFLはそういった意味でも、先生のブログ、相談(質問)制度を含めて大変優れていると思います。

これまで、本当に、本当にありがとうございます。

まだ、予約をしたテスト及びwebTOEFLの授業が残っておりますので、さらなるスコアアップ目指して最後まで走り抜けたいと思います!!

取り急ぎご報告させていただきました。

最後まで目を通していただきありがとうございました。

Kさん、掲載の快諾をいただき、ありがとうございます。

ウェブトフルはこれからもKさんを応援し続けます。

10/9の試験では、今回紹介させていただいたKさんのように大幅にアップした方だけではなく、スコアがダウンしたという方もいらっしゃいます。

取り組みの過程でスコアは上がったり、下がったります。

大切なのは、上がっても、下がっても目標スコア獲得に向けて、取り組みを続けること。

TOEFL iBTは簡単にスコアが上がっていく試験ではありません。

その取り組みの途中に、自信を失ったり、やめた方がいいのかと考える方も多いでしょう。

でも続けるからこそ、目標にたどり着けます。

「誰でも自分の夢を叶えられる。」

なんて言うつもりはありません。

現実的に可能なものと不可能なものがあります。

「今60点。3ヶ月後に100を取りたい。」

という人がいれば「実現は極めて難しい。プランを変えた方がよい」とお伝えします。

しかし、TOEFL iBT80点台を安定して取れるようになった方にとって、100点は近い将来、実現可能なスコアです。

自信を失いそうになったら、これまでの道のりを振り返りましょう。

確かにまだゴールにはたどり着いていないものの、スタート地点からはかなりの距離のところにいると気付くはずです。

その歩みを続ければ、さらに進むことができ、ゴールに近づいて行きます。

今日も11歩、ゴールに向かって歩みを進めましょう。

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。