MBA合格の報告をいただきました!

2010-05-19

CATEGORIES 受講生スコアアップ報告by.Katsurayama2 Comments

昨年20099月からListening Delta 18 Dayコース、今年1月からWriting添削Cコースを受講されたIさんからTOEFLスコアの大幅なアップを通してのMBA数校合格のご報告をいただきました。

いただいたご報告(メール文面&過去のTOEFLスコア)掲載の快諾をいただきましたので、そのままシェアさせていただきます。

Iさん、詳細に渡るご報告をいただき、ありがとうございました!改めておめでとうございます。

Iさんとは数回に渡ってメールのやり取りをし、その都度貴重な経験をお知らせいただきました。

Iさんは

会社派遣のMBA留学候補生

TOEFL対策開始は昨年4

昨年6月から今年3月まで仕事から外れ、留学準備に集中

初受験のTOEFLスコア(5/16):49R 19, L 13, S 3, R 14

S3はどのように回答したらよいのか分からなかった結果と思われます。IさんのTOEFLを始めたばかりの実力は60点くらいと考えられるでしょう。(当時のTOEIC740

最終的なTOEFLスコア(3/13):97 R 27, L 26, S 20, W 24

その前の最高点は92。出願済みの第一志望校に97を報告直後、合格の連絡をもらう。

Web TOEFLの受講

Listening Delta 18 Dayコース(9月初から)

Writing 添削Cコース(1月初から)

目標スコア獲得に向けて毎日TOEFLに取り組んでいらっしゃる方にはよい刺激になるはずです。


TOEFL
のスコアアップにWebTOEFLの教材が寄与したことは明確です。ありがとうございました。特に効いたと感じているのが、先生がおっしゃっていた聞いた英文をすぐに思い出して喋ってみる、という勉強方法です。最後の最後でリスニングが26点となり、合計97点までスコアが上がりました。最近の本試験傾向に沿ったWebTOEFLのライティング問題も秀逸でした!添付資料は得点推移ですが、去年の5月に49だったことをかんがえるとすごい進歩だったと思います。今年、同じ会社の者がMBA受験にチャレンジしますので、WebTOEFLの受講を私から推奨したいと思います。これからもいい教材作りを通じて、日本人の国際人間化に寄与していかれることを期待しています。

Test Date

Reading

Listening

Speaking

Writing

Total

1

5/16/2009

19

13

3

14

49

2

7/25/2009

26

11

15

17

69

3

8/22/2008

25

19

17

21

82

4

8/30/2009

21

18

14

22

75

5

9/12/2009

23

23

17

18

81

6

9/20/2009

24

20

17

24

85

7

10/10/2009

25

25

18

17

85

8

10/18/2009

24

21

19

27

91

9

11/1/2009

23

20

20

22

85

10

11/14/2009

24

25

18

22

89

11

11/22/2009

26

21

23

22

92

12

12/5/2009

28

19

17

20

84

13

12/20/2009

25

24

19

22

90

14

1/23/2010

26

23

17

25

91

15

2/21/2010

27

25

19

21

92

16

3/13/2010

27

26

20

24

97

AV

24.56

20.81

17.06

21.13

83.56

 


わざわざご返信ありがとうございます。私の体験談でよければ、是非使って下さい!必要とあらば、エクセルでお送りしたその他のテストスコアは開示していただいても結構です。参考情報として付け加えておくと、私の会社の場合は派遣が決まれば仕事を切り上げて勉強に専念できますので、去年の
6月から3月まで、私は勉強だけに専念できました。この好条件も大きかったのではないかと思います。

ただ、最後まであきらめずにTOEFLを受け続けて本当によかったと思っています。合格した [Iさんが留学される学校] は第一希望で、とてもいきたかったのですが、ここはTOEFLに厳しくて、100がmust、最悪90点台後半でないとGMATがよくても合格は厳しいと聞いていました。私が出願したのが1月のDeadlineで、出願後もTOEFLを2回受けたのですが、結果は90点台前半・・・。もう92点で押し切るしかないと、一回はあきらめたんですが、私の父がもう一回だけ受けてみろとアドバイスをくれました。最初は、「何も分からないくせによく言うよ」と受けるつもりは無かったのですが、冷静に考えて改心し、ダメもとで受けた最後のTOEFL(313日)が97点。そしてそのスコアを [Iさんが留学される学校] に報告した途端に合格となった、という最後はドラマのような展開でした()
そういう意味では、あきらめないことで結果につながる、といういいモデルケースだったのかもしれません。先生のブログに載れるとは私としては光栄なことです。ありがとうございます。今後もWebTOEFLを応援しております。


TOEFLは勉強開始が
094月、GMATは同年6月に本格的に勉強を始めました。以下、時系列で示します。3月:MBA派遣決定
09
4月:TOEFLとGMATについて、どんな試験なのか調べ始めると共に、TOEFLについては単語帳と参考書を買って、通常業務と並行して勉強を始める。
09
5月:一回目のTOEFL受験(スコアは49。当時のTOEIC740でした。)
09
6月:仕事の休業がスタート、いよいよ、すべての時間を英語の勉強だけに専念し始める。この頃からGMATの勉強も開始する。
09
7~9月:エンジンが掛かり始める。この頃は、図書館で朝9時から閉館の夜8時まで数回の休憩を挟んで、ずっと勉強をしていました。
09
9月:友人からWebTOEFLを知る。最初は受講料が理由で躊躇しましたが、サンプル問題をしてみてよさそうだったので、自分の最大の弱点のリスニングを克服するために受講を決意。
09
10月以降:WebTOEFLの受講を通じてリスニングの強化を意識しながら勉強。GMATも並行して猛勉強したため、英文の読解速度が上がり、それもTOEFLのスコアアップに寄与した気がします。こうして振り返ると、夏は本当によく勉強したと思います。その反動で秋以降少しだらけてしまいましたが、やはり短期間でもいいので集中して勉強すると、その期間中に付いた実力がいつ結果となって現れるか分からないなということも感じました。私は今年の三月になってようやく現れました。
最後にご依頼いたいている、文面の記載ももちろんかまいません。私の体験談が他の受験者の方にとって有益な情報となれば幸いです。また何かあればご協力致しますのでご連絡ください。

 


(留学予備校には)
6月からTOEFLとGMATの授業を受講しました。6カ月コースですので、11月までの受講でした。ただ、6~7月はそもそも英語の力が不十分であり、その頃の力では英文の意味さえ分からないGMATの勉強を深くし過ぎるのは不効率であったため、GMATの勉強は [Iさんが通われた留学予備校] の授業くらいに留めてTOEFL中心に勉強していた気がします。725日のTOEFLが終わり次第、GMAT勉強の比重を高めました。その後も、GMATTOEFLの試験日程とをにらめっこしつつ、GならG、TOEFLならTOEFLと日程が近い方の勉強に比重を置くようにして、中途半端にどちらも勉強するといったことは避けていました。結果、相乗効果で英語力そのものが上昇したように思います。


以上、ここまでが
Iさんからのご報告です。

多くの方にとって、非常に有益な情報であったはずです。

97点を獲得した3月受験のきっかけになったお父様からのアドバイス、そしてダメもと覚悟での受験最高点の獲得第一志望合格というお話は、鳥肌ものの感動のドラマですね。

Iさんが経験した感情や重圧は、TOEFL目標スコア獲得に人生をかけている皆さんなら分かるはずです。

5月も末に近づき、TOEFLスコアの伸び悩みに焦りを感じている人も多くなってきているでしょう。

Iさんは最後の最後まで取り組み続け、最終的に第一志望校に合格されました。

しかしIさんのご報告から分かるように、合格と不合格の差はほんの少しだったりします。

TOEFLは簡単にスコアが上がる試験ではありません。

なかなかスコアとして結果が出ないことには苛立ちを覚えるかもしれません。

しかし適切な方法で学習を続けていけば確実に実力は上昇し、スコアとして現れます。

自分を信じ、諦めずに取り組み続けること。

この大切さをIさんのご報告から学ぶことができるかと思います。

コメント
  1. Chihiro より:

    こんばんは。
    ウェブトフルについて質問があります。
    Deltaリスニングコースを受講したいと思っているのですが、
    こちらのテキストは申し込みの後、Deltaの教材が自宅に届くのでしょうか?

    お忙しいとは思いますが、ぜひご回答よろしくお願いします。

  2. Katsurayama より:

    Chihiroさん

    Deltaコースの教材は、お申し込み翌日から2、3営業日以内に宅急便で届きます。
    海外在住でも、送料の追加負担なく、お申し込み翌日から1週間以内にEMSで届けられます。

    http://etestprep.co.jp/procedure.html

    宜しくお願い致します。

    Katsurayama

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。