TOEFL Speaking:評価点4(満点)の回答ってどんな感じ?

2019-02-16

前回のブログ記事

 

ETS公式 TOEFL iBTテスト対策アプリ “TOEFL GO!” とは? その1(2019年2月12日)

 

で、TOEFL GO! アプリの無料サンプル内のSpeaking問題の

 

「Task 2 の出典に関しては次回のブログ記事で扱います。」

 

と予告しました。

 

以下がそのTask 2の問題。

 

Some universities require first-year students to live in dormitories on campus. Others allow students to live off campus. Which policy do you think is better for first-year students and why? Include details and examples in your explanation.

 

この問題は、2005年にこれから始まる/始まったばかりのTOEFL iBTではどのような問題が出題されるか紹介するためのサンプル問題で取り上げられたもの。

 

ちなみに前回の記事で触れたIntegrated Writingの “Altruism” の問題も、同じ問題サンプルの中に含まれていました。
13-14年も前なので、TOEFLを教えている人でも知っている人は少ないと思いますが。

 

このSpeaking Task 2の問題は、ETSが過去に行った TOEFL iBT Speaking and Writing Webinar で、評価点4点の回答として取り上げられていますので、紹介します。
(この回答に対する音声はありません)

 

Uh, I think it’s better for the first-year students to live on campus rather than off-campus. Uh, main reason because um, they are new to the city and it’s safer for them to live on campus where there’s more security, um because they don’t know much about the city in the first place. Uh, second of all, it helps them to … become more familiar with their surroundings, where they have to study. It also helps them to meet new people. Uh living in a dorm encourages friendships with people who you might … not … uh, seem very comfortable with the first time. And um, it helps you meet new people, it helps you interact with your seniors, if any, living in your dorm.

 

この回答へのETSの総評が以下。

 

In this response, the speaker provides a clear and coherent response. She is able to maintain a steady, fluid pace with little to no hesitation. Her pronunciation is very good. There is minor but noticeable first-language influence on stress and intonation patterns, but they do not obscure meaning for the listener. She demonstrates a range of vocabulary and grammar that is appropriate to the task. In general, the response is well developed. The speaker clearly states her opinion and provides several reasons for her point of view. She then explains each reason in varying degrees of detail. There is a clear progression of ideas and an ease of presentation typical of a level 4 response. Please note that each score band — 1 through 4 — actually represents a range of abilities. The performance within a level will actually vary slightly from one test taker to the next.

 

上に書かれた、この回答が優れているポイントを挙げると

 

・話のペースが一定して、流暢
・言いよどむことがほとんど、または全くない
・発音がとてもよい
・強勢[アクセント]やイントネーションで母国語のちょっとした影響が見られるときがあるが、意味が分かりにくくはない
・使用する単語・文法が多様
・うまく展開されている
・はっきりと意見を伝え、自らの視点に対していくつもの理由を提示
・理由は詳細に述べているところも
・考えが分かりやすくつながっていて、スピーチに苦労していない

 

まあ、4点満点のサンプルなので、いいところばかりという感じですね。

 

このような評価を受ける回答をするのは極めて困難と思われるかもしれませんが、もう一度、上の4点の回答サンプルを読み直してください。
内容、表現は中学3年生や高校1年生の教科書の英語レベルという感じではないでしょうか。

 

このくらいのレベルの英語が「よい発音で、一定のペースで、言いよどみがほとんどなく」話せれば4点が取れるのです。
とはいえ、このくらいの英語を「話す」のは難しいため、4が取れる方は多くはありません。
また話せても、聞き取りやすい発音だったり、言いよどみがほとんどなかったりという条件が付きます。

 

TOEFL Speakingで4を取るには「難しい表現」「難しい構文」を駆使しなければならないのではという方がいらっしゃったりしますが、このような回答でもETSからべた褒めの評価がもらえると分かっていただけるかと思います。

 

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。