TOEFL Writing:評価点2と3の違いを探る(Independent Task編)

2018-10-14

CATEGORIES TOEFLセクション別 対策, Writing対策by.Katsurayama0 Comments

前回の記事

 

TOEFL Writing:評価点2と3の違いを探る(Integrated Task編)(2018年10月13日)

 

の続きです。

 

今回はIndependent TaskのRubrics「評価基準」での評価点2と3の採点項目を比べます。

 

TOEFL Writing Rubrics「評価基準」   ← Rubrics全体を読みたい方はこちらをクリック

 

繰り返しになりますが、Rubricsの訳は理解しやすさを優先し、かなり意訳しています。

 

<Independent Writing>

 

評価点2

 

An essay at this level may reveal one or more of the following weaknesses:

「2点の回答は、以下のうちの1つ以上の欠点を持つ」

● Limited development in response to the topic and task

「トピックや問題に対して十分に展開されていない」

● Inadequate organization or connection of ideas

「構成や主張への関連が不十分」

● Inappropriate or insufficient exemplifications, explanations, or details to support or illustrate generalizations in response to the task

「問題に対しての主張を支持するための例示、説明、詳細が適切でなかったり、不十分だったり」

● A noticeably inappropriate choice of words or word forms

「意味的にも、形式的にもおかしな表現が目立つ」

● An accumulation of errors in sentence structure and/or usage

「文法や表現の間違いが多い」

 

否定的な評価ばかりですね。かなり難があったとしても、いくらかでも問題に対して回答できていれば2点が取れると分かります。

 

評価点 3

 

An essay at this level is marked by one or more of the following:

「3点の回答は、以下のうちの1つ以上の特徴を持つ」

● Addresses the topic and task using somewhat developed explanations, exemplifications, and/or details

トピックや課題に回答しているものの、説明、例示、詳細が十分に展開されていないところがある。

● Displays unity, progression, and coherence, though connection of ideas may be occasionally obscured

「話がまとまっていたり、展開していたり、一貫してはいるが、内容のつながりがときに曖昧である。

● May demonstrate inconsistent facility in sentence formation and word choice that may result in lack of clarity and occasionally obscure meaning

文の構造や単語の選択に難があり、その結果、分かりにくかったり、時おり意味が曖昧になっている。

● May display accurate but limited range of syntactic structures and vocabulary

「正しく書いていても、構文や語彙が限られている。

 

「いいところもあるが、まだまだなところも」という感じでしょうか。

 

マイナス点としては「展開、構成、関連、例示、説明、詳細が不十分」「単語の選択・用法、文法・文構造でミスがある」。ですが、これらのマイナス点が全体に渡ってではなく、ときどきそのようになっているところがあるというのが3点のレベルと言えます。

「うまく書けなかった」という箇所がちらほらあっても3点の獲得は十分に可能と分かります。

評価点2、3に対するサンプルエッセイはOfficial Guideでチェックしましょう。

 

以上、前回と今回に渡って、Writingセクションで20点(評価点の平均が3.0)を獲得するにはどのようなエッセイを書く必要があるのかをRubrics「評価基準」での2、3点の箇所の説明によりお伝えしました。

 

現在、評価点3を取っているという方にとっては、あなたのエッセイはこのような段階にあるということに。
評価点4、5の獲得を目指している方は以下をご確認ください。

 

TOEFLスコア戦略:何点スタート、何点目標? [R 19, L 14, S 15, W 17 Total 65スタート、109以上目標] その7(2018年4月9日)

 

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。