105点獲得のご報告をいただいました! その2

2018-10-02

前回の投稿

 

105点獲得のご報告をいただいました! その1(2018年9月28日)

 

の続きです。

 

ご報告いただいたSさんの取り組みとスコアの変遷について書きます。

 

以下は掲載にあたってSさんがお知らせくださったご自身のバッググラウンド。

 

・2015年7月よりシンガポールに転勤(日系金融機関)。現在仕事では英語と日本語半々くらい
・留学経験などはなく、シンガポールに勤務するまでは海外旅行、海外出張ともにほぼ無し
・TOEICはIPテストで910を2014年2月に独学で取得。勉強期間は2012年2月に695だった時から結局2年かかりました)

 

そんなSさんですが、TOEFL対策においては「スコアの運に恵まれなかった人」と言えます。

 

Sさんは2017年の11月末に101を獲得されます。
「本格的にTOEFLの対策を始め」てから半年ほどでの100超えは順調と言えるでしょう。

 

2017/11/25 R 27, L 28, S 23, W 23, Total 101

 

その後、105以上獲得を目指してTOEFL対策を続けますが、90点台後半から103までのスコアを取り続けるものの、なかなか105点に到達しませんでした。

 

100点台を3回連続で取ったときは

 

2018/02/04 R 29, L 24, S 20, W 25, Total 100
2018/04/21 R 27, L 27, S 22, W 27, Total 103
2018/05/06 R 28, L 30, S 20, W 24, Total 102

 

どこか1つのセクションのスコアが別の回のものと入れ替わったら105以上に到達という状況でしたが、4つのセクションでよいスコアが揃いませんでした。

 

ですが諦めずにTOEFL対策を続け、最後の4回のスコアはすべて100点台。
リスコア(スコアの見直し)により105点を獲得されました。

 

2018/07/07 R 30, L 28, S 19, W 25, total 102
2018/07/28 R 27, L 28, S 22, W 26, Total 103
2018/08/12 R 28, L 29, S 20 → 23, W 25, Total 102 → 105(リスコアにより3点アップ)
2018/08/26 R 27, L 26, S 23, W 28, Total 104

 

Sさんがリスコアをしたのはこの回だけではなく、その前に5回行っています。
しかし、そのときはスコアに変化はなし。

 

リスコア(スコアの見直し)で Speaking 3点アップ!(2018年9月18日)

 

6回目でSpeakingが変わり、3点アップで105点に到達されました。
もともとSpeakingが23であったらリスコアせずに105だった訳で、その点においても運に恵まれなかったと言えそうです。

 

TOEFL対策を開始される方の多くは「上手くいったら」いつごろまでに目標スコアが獲得できるだろうと考えがちですが、運良く早めにスコアが揃う場合もあれば、そうでない人も必ず存在します。
だからこそTOEFL対策は早めに開始しましょう。

 

Sさんは「心が何度も折れかけました」とおっしゃっていますが、それでも取り組みを続けたから実力は向上し、最後の4回の受験では毎回100点台が取れるようになりました。

 

TOEFLはスコアが上がれば上がるほどスコアアップが難しくなります。
目標スコアが100以上であったら、Sさんはさほど苦しむことなく目標スコアに到達して、TOEFL対策を終了していました。
4セクションのスコアがなかなか揃わない中、105点以上の獲得を諦めずに取り組みを続けられたSさんには本当に頭が下がります。

 

何事にも運はつきまといます。
「自分は運がいい方」と思っていても、すべてに対してツイているということはありません。
ですがツイていなくても、それを跳ねのけるだけの実力があれば望む結果は出ます。

 

なかなか成果がでないという状況であっても、Sさんのように忙しい日常を送りながらもやるべきことに取り組み続けていれば成果となって現れます。

 

ご自身の成果に不安をおぼえる受講生の方はご遠慮なくメールください。
目標スコアを獲得されるまでサポートを続けます。

 

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。