コースを受講すれば必ずスコアアップするか?

2018-08-04

オンラインTOEFL対策コースの受講を考えているという方から以下のご質問をいただきました。

 

「Listening Deltaコースを受講すれば必ずスコアはアップするか?」

 

その他の項目もありますが、このご質問に対してはこちらのブログで詳しく回答することにします。

 

ちなみにその方のListeningスコアは10点台前半という状況。

結論から申し上げれば

 

「Listening Deltaコース受講後、本試験を受けてスコアが上がる可能性は高いが、『必ず』上がるとは言えない。」

 

ちなみにここでは、18回の授業の中で扱った問題だけではなくアサインメントの問題も含めて、授業内でお伝えした学習法の中から自分に合ったものを選択して最後まで取り組んだと想定します。

このようにコースを受講されれば、必ずListening力は大幅に向上します。

 

では、なぜ「コース受講後、スコアが『必ず』上がる」とは言えないのか?

 

1.受講前のスコアが運良く実力以上のものになっていたかもしれない。

 

以下のTPOのVol. 23の分析結果に基づくと

 

TOEFL Practice Online (TPO) 23 Reading & Listening スコア換算分析結果 その2(2015年10月29日

 

TPO23
Listening 17 は、59%の正解率(34問中20問の正解)
Listening 14 は、50%の正解率(34問中17問の正解)

Listening 11 は、41%の正解率(34問中14問の正解)

 

50%くらいの正解率のうちは、自信なく選んでいる選択肢も多く、その迷った問題のうち2-3問がたまたま正解するか、不正解になるかによってスコアも2-3点変わります。
例えば、学校の定期試験でいつも50点くらいを取っている友人が、今回60点だったり、40点だったりしても驚かないですよね。
スコアは当然、試験によって変わるため、高めに出たり低めに出ることはあります。

 

受講「前」に受けた試験が運良く3点高めであったという場合、受講「後」、Listening力が向上して3点高いスコアが取れるようになったとしても、結果は同じということは起こりえます。

 


2.Listening力は上がっても、TOEFLの問題でより多く正解できるところまで到達していない。

 

受講生の方々からいただくご相談メールの中で、私は以下のようなたとえ話をすることがあります。

 

「野球のバッター。以前は60キロのボールしか打てなかった。練習が実った結果、70キロが打てるようになった。しかし、試合では100キロのボールを打たなければならなく、バッティングは向上しているもの、100キロのボールへの打率はさほど変わらない。」

 

このような状況の場合、「頑張ったけど結果が出ない」ということになります。

それでも60キロしか打てなかったが、以前はできなかった70キロが打てるようになることに大きな意味があります。
この成長の先に 80キロ、90キロ、100キロのボールへのヒットがあるからです。

 

Listening 10点半ばだと問題全体に対して50%くらいの正解率。
単純にスコアが示すのは「半分くらいは理解でき、半分くらい理解できない」ということ。

 

そこから「話のだいたい/ほとんどが理解できる、結果、スコアも大幅に上がる」まで到達するのは簡単なことではありません。
Listeningスコアでの数点のアップは、留学している人が、1年くらい英語環境の中で暮らして到達するくらいの地点。
それだけの差を皆さんは埋めようとしているのです。

 

ではなぜそこまで英語にどっぷり浸からなくてもListeningのスコアアップが可能かというと、それはTOEFL対策に絞って、試験の傾向を踏まえた内容に集中して、無駄なく取り組んでいるから。

 

Listeningスコア10点台くらいのうちは、本試験でスコアがアップしたかどうかよりも、日々の取り組みを通してListening力が向上しているという感覚を得られているかの方が大切です。
現時点では、実力が向上しても、TOEFL本試験の難しい問題に太刀打ちできないところがあるはず。

 

しかしDelta 18Dayコースを受講し、TOEFL Listening問題に対する対応方法を学びながらも、学習法の実践によりListening力が向上すれば、受講終了時点でスコアが目に見える形でアップしていなくても、その後、Official Guide 8Day演習コースを通して本試験レベルの問題への解答に慣れていくことにより、スコアは上がっていきます。

 

私は20数年、英語教育に携わっています。
アメリカの大学院で英語教授法も学びました。
TOEFL対策を教え始めてから10数年になります。
英語教育の場において、TOEFL対策において、様々な理由により成果が出やすい人、出にくい人がいることも十分に分かっています。

 

だからこそ、「すぐにスコアが上がる」「効果的な方法はこれだけ」というような言い方はしません。

 

当然、コース内でお伝えしていている対策や学習方法は、最大限の効果が見込めるものではありますが、だからと言って全員が順調に成果が出せるとは限りません。
また、スコアがどんどん上がっているという人も、それがずっと続くわけではありません。

 

TOEFL対策において大幅なスコアアップを達成する前には、誰にも伸び悩みの時期があります。
その時期に適切な学習法を確認したり、どのセクションの取り組みを優先すべきか判断したり、何に取り組むかを決めるのは非常に大切なことであり、だからこそ受講生の方々からのメールでの学習相談に対して無料で回答しています。

 

Listening Deltaコースなら、無料体験から1回分の授業をすべて受講して、どのような内容であるか確認できます。

 

コース受講すぐ後でのスコアアップの保証はできませんが、目標スコアを獲得する日まであなたのTOEFL対策をサポートすることは約束します。
(コースはすべて、再受講・受講期間延長が無料で提供されます)

 

多くの人にとって、TOEFLは簡単にスコアが上がっていく試験ではありません。
思ったようにはスコアがアップしないことはよくあります。
しかし、やるべきことをやり続けていればスコアは「必ず」上がります。
それはあなたが当初予想した時期ではないかもしれませんが。

 

目標スコア獲得までの期間は人によって変わりますが、効果的・効率的に到達するための授業を提供し、必要なサポートを行います。

 

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。