TOEFL Reading:1パッセージあたりの時間配分について

2018-05-01

CATEGORIES Reading対策, TOEFLセクション別 対策by.Katsurayama0 Comments

TOEFL iBTのReadingセクションは

 

3パッセージに対して60分 
4パッセージに対して80分

 

のいずれかで出題されます。
どちらになるかは当日、試験を受けてみないと分かりません。

 

4パッセージのときは、どこかの1パッセージ分採点されない問題(通称「ダミー問題」)が含まれます。
ダミー問題は何番目のパッセージかは分かりません。
しかし、最後ではないと思われます。
(4パッセージ目がダミーであると想定し、最初の3パッセージに注力した人たちは皆、スコアを大幅に下げています)

 

1パッセージあたりの時間は平均20分。

 

1パッセージ20分以内に解けるようになろうと、問題演習では17-18分で解こうとする方がいらっしゃったりしますが、本試験で1パッセージあたり20分以上かかることが多い方は制限時間を設けるなら20分で解きましょう。
通常、20分以上かかる人が20分よりも早く解こうとすると、問題内容の理解が浅いまま読み飛ばしたり、問題解法の適用が不十分のまま解くことになり、問題演習を通して実力が向上しにくくなります。
例えば、Reading 10点台で大幅なアップが求められるという状況なら、普段の問題演習においてReading問題を解くとき制限時間を設けなくてもいいくらいです。

 

問題を解くのがゆっくりでも解法が身についていけば、解くスピードは上がっていきます。
何より正解率が向上します。

 

スポーツでもそうですよね。
正しいフォームを身に着けようと最初のうちはゆっくり動いていても、最終的にはそのフォームで速く動けるようになる。
適当なフォームで実践練習をしても、なかなか上達しません。

 

制限時間を設定するなら20分で。
もし20分で終わらない場合は、時間は気にせずにそのまま解き続けましょう。
Reading 20点台前半までのうちは20分以内に解き終わらなくても普通と言えます。

 

Reading 20点、TOEFL本試験でReadingが時間内に解き終わらない(2017年1月22日)

 

Reading:普段の学習で制限時間内に問題を解こうとすべき?(2015年6月20日)

 

では、1パッセージあたり20分の時間配分について。
覚えるべきはひとつ。

 

挿入問題(Sentence Insertion Q)に入った時、3分以上残っていればよい。

 

「なぜ3分か?」

 

パッセージ最後に出題される2問において

 

挿入問題(Sentence Insertion Q):1分
要約問題(Prose Summary Q):2分

 

が解答時間の目安だから。

 

解法により、挿入問題は1分、要約問題は2分あれば解答できます。

 

要約問題の解法の一部は以下で紹介していますので、是非、ご確認ください。

 

要約問題の解法(の一部)について改めて(2017年10月12日)

 

Readingでは1パッセージあたり全14問(最後が要約問題の場合)なので、最後の2問に3分使うとなると、挿入問題、要約問題の以外の

 

12問で17分

 

ということに。ならば、例えば

 

最初の6問が終わった時点で8分半ならOK

 

と言えなくはないのですが、私はそのような細かな時間配分を勧めてはいません。

 

仮に最初の6問の内の3問が単語問題で、6問目を解答した時点で8分半経っていたとしましょう。
一見、よさそうなペースです。

 

他の問題よりも速く解かなければならない単語問題は、1パッセージあたりの出題数は3-4問と最新のOfficial Guide(5th Edition)では表示されています。
よって後半の6問では単語問題は0-1問となり、その他の問題は比較的時間がかかるので、おそらくは1パッセージ20分で解くのが難しいペースとなります。
これは一例でしかありませんが、目安となる時間がミスリーディングになる恐れがあります。

 

また本試験において問題の表示は

 

1パッセージ目: Q1-14
2パッセージ目: Q15-28
3パッセージ目: Q29-Q42
(4パッセージ目: Q43-Q56)

 

なので、それぞれのパッセージの6問目は

 

1パッセージ目: Q6(8分半)
2パッセージ目: Q20(28分半)
3パッセージ目: Q34(48分半)
4パッセージ目: Q48(68分半)

 

になり、これらの問題番号や時間を試験中に意識すると問題を解く以外のことが煩雑になり、集中を欠くかもしれません。
個人的に大きな目安としてこのような指標があった方がいいと思う方は覚えてください。

 

ということで、最後の2問(挿入問題、要約問題)のために3分残していれば悪くないペースと考えてください。

 

これまで触れていませんでしたが、一番最後の問題が「要約問題」ではなく、「表完成問題(Fill in a Table Q)」であることも。
表完成問題は1問につき3ポイント分なので、1パッセージあたりの問題数は1問少なく全13問。
よって最後の2問(挿入問題と表完成問題)に費やせる時間は4分、その前の11問に対する時間は16分になります。
表完成問題が含まれると時間の配分がズレるのも、途中の時間経過は気にしない方がいいと判断する理由になります。

 

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。