110点獲得のご報告をいただきました! その1

2017-11-10

CATEGORIES 受講生スコアアップ報告by.Katsurayama0 Comments

ウェブトフルのWritingコースを受講されたAさんから110点獲得のご報告をいただきました!
Aさん、ご報告のブログ記事掲載に快諾いただき、ありがとうございます!
心より感謝申し上げます。

 

Aさんが受講されたのは以下の3コース。

InDependent Writing 4 Dayコース(2016年12月末から)
InTegrated Writing 4 Dayコース(2016年12月末から)
InDependent Writing添削コース Set 1 (2017年4月半ばから)

 

以下、Aさんからいただいたメール文面全文です。
次回に「その2」として、Aさんからいただいたご報告に対する私の感想を書きます。

 

————————————————————————————————-—————————————-

 

葛山先生

 

大変ご無沙汰しております。
今年の5月に学習相談に乗って頂きました、Aと申します。

 

TOEFLの取り組みに関するご報告と御礼のご挨拶をさせて頂きたく、ご連絡いたしました。

 

今般、TOEFL最終回と決めた10/28のテストで、最終目標である110点(30、28、26、26)を取得することができました。
この様な最終結果となったのも、辛かった春の時期に先生に温かいアドバイスを頂いたお陰と考えております。
ありがとうございました。

 

今後取り組まれる方や、先生のご指導の参考になればと思い、簡単に学習履歴を下記させて頂きます。

 

私が昨年12月に本格的にTOEFL対策をスタートさせた時点のスコアは93点で、年末~年始と4月にWebTOEFLのWriting対策の講座を受講させて頂きました。
当初、とにかく100点を超えることを第1目標としていましたが、なかなか目標達成できず、このままの勉強方法では無理ではないか・・と思い始めた頃に、藁をもすがる思いで先生にメールさせて頂いたことを覚えています。

 

先生からは、Writingの添削を自分のものにできるまで読み込み、解きなおすこと、またListeningは漫然と問題を解かず、間違えた原因を突き詰めて考えることをお薦め頂きました。
その後、Integrated・Independentともに何度も自分の書いた英文と添削のコメント、その意味を読み直し、ネイティブの添削を受けながら英文を書きなれること、また諦めずにテストを受けてテストに慣れることに努めました。
その結果、6月の段階で105点を取得することができました。
夏は出願書類の作成もあり、少し中だるみしてしまいましたが、9月にもう1度エンジンをかけなおし、全セクションを通じたETSの公式問題集の解きなおし、間違えた原因の究明を繰り返すこと、新しい表現をオンライン英会話でどんどん試すこと、を繰り返していたところ、最終結果につながりました。

 

最後までWritingのIndependentは苦手で、なかなか30分以内に実質的に300語を超えるアイディアが浮かばないこともありましたが、Integratedの方は、WebTOEFLの4Dayコースのレジュメを毎回テスト前に読み直すことで基本的な考え方や着目点、答案の型を叩き込み、6月以降毎回Goodを頂くことができ、得点の下支えと取組みへの自信につながりました。

 

とめどのないご報告となってしまいましたが、TOEFLで他の方にひけを取らないスコアを取得できたことを励みに、出願手続のラストスパートをかけたいと思います。

 

本当にお世話になり、ありがとうございました。
お身体にはどうかお気を付けて、この様な素晴らしいサービスで引き続き悩める受験生を救って差し上げてください・・!

 

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。