TOEFLスコア戦略:何点スタート、何点目標? [R 21, L 11, S 13, W 15 Total 60スタート、100以上目標] その5

2017-06-11

CATEGORIES 100点を目指す, スコア獲得戦略by.Katsurayama0 Comments

前回の投稿

 

TOEFLスコア戦略:何点スタート、何点目標? [R 21, L 11, S 13, W 15 Total 60スタート、100以上目標] その4(2017年5月28日)

 

の続きです。「TOEFL対策を始めたばかり」のスコアが

 

 Reading 21, Listening 11, Speaking 13, Writing 15, Total 60

 

であるAさんが、Reading、Listening対策を優先させてRL合計 47くらい(または近く)を獲得したとします。
そのときのReadingとListeningや、あまり対策を行っていないSpeakingのスコアによりますが、最終的な目標としては

 

R 28, L 27, S 22, W 25 Total 102を目指しながらも、どこかでマイナス2でも100到達を狙う

 

という感じになるかと思われます。
(R 28は4, 5問間違いくらい[90%ほどの正解率]、L 27は3問間違いくらい[90%ほどの正解率]、S 22は3が5つに2が1つ、W 25は4平均)

 

RL合計47(例えば、R 25、L 22)になっても最終的な目標はRL合計55(R 28、L 27)であるため、RL対策を引き続き行っていきますが、今後はSpeaking、Writingのアウトプット対策を優先させていくことになります。

 

Speaking、Writing対策はどちらか苦手な方、つまり現時点のスコアが目標とするスコアから離れている方から対策を開始することをお勧めします。
Aさんの場合、S 13、W 15で目標がS 22、W 25とどちらも10点ほどのアップが求められるので、この時点ではどちらがより苦手とは言い切れませんが、その後のスコアで判断したり、Aさんが取り組みやすいものを選択するのがよいでしょう。

 

4セクションすべてでスコアアップが必要な場合、これまで書いてきたようにSWはスコアアップ対策の後半にまとめて行う方がよいと考えます。
まずはRLを目標点に近づける。その後、SW対策に移る。

 

SWでの大幅なスコアアップには、表現力の養成が不可欠です。
通常、アウトプット力は大量のインプットによって磨かれます。

 

私たちがどのようにして日本語を話し、書けるようになったか?

 

私たちが話したり書いたりする表現のレパートリーのほとんどは、国語の授業外で見聞きした大量のインプットによるものです。
しかしだからと言って、TOEFL Speaking、Writingで高得点を獲得できるようになるために「大量の英文を読んだり、聞いたりする」のは数ヶ月以内のような短期間でのスコアアップ達成には有効ではありません。

 

どの試験においても、求める成果の形があります。
TOEFLにおいても、試験が理想とする回答の形があり、高得点を獲得できるサンプル回答を覚えていくのが最も効果的です。

 

しかし記憶には常に忘却が伴うものであり、期間が長くなるほど、繰り返しの頻度が下がるほど、忘れていく度合いは大きくなります。
だからこそ、SWのアウトプットに集中的に取り組める期間を設けると

 

Writingで覚えた、慣れた、使えるようになった表現はSpeakingでも役立つ
Speakingで覚えた、慣れた、使えるようになった表現はWritingでも役立つ

 

ので、相乗効果によりアウトプット力が効率的に向上していきます。

 

またSpeaking、Writingでは同じようなミスをしがちであり、自らの回答に対して添削などを通して指摘されたミスを修正していくことにより、どちらの回答もよりよいものへと改善されていきます。

 

Aさんにとっては最終的に、Speakingでは評価点2を3へと、Writingでは評価点3を4へとアップできるかがSWでの成功のポイントになります。
取り組み済みの問題は必ず「Speakingなら3点以上、Writingなら4点以上の回答ができる」ようにしてから次の問題に移りましょう。

 

単に問題に回答しただけだと実力はほとんど向上しません。
「よりよい回答ができる」ようにする作業が大切です。
問題に対して自分なりの模範回答を作成することにより、ミスを修正し、よりよい表現を覚え、そして模範に近い回答を制限時間内にアウトプットできるようにしましょう。
この作業の継続によりアウトプット力は着実に養成されていきます。

 

「その5」まで続きました一連の投稿、今回で終了となります。

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。