挿入問題解法(の一部)の続き

2009-10-25

CATEGORIES Reading対策by.Katsurayama0 Comments

前回の投稿で挿入問題1問への解法として、Cが正解になる理由を書きましたが、今回はDが正解にならない理由を書きます。


この問題
Dで迷ったり、Dを選んだりする人が多いと思いますが、Dを検証する際、その後Thisに注目しなくてはなりません。


「■の後の代名詞に注目」


■の後に代名詞(
they, them, it, this, theseなど)がある場合、挿入文にその代名詞と意味的に重なる表現があるか確認する。なければ挿入文はその■には入らず、そこは正解にならない。


D
の後のThisは意味的に、その前の文の


the shade from trees reduces the demand for air conditioning in nearby homes

「木陰が、近くの家のエアコンの必要性を減らす」


を指します。だからこそ、その後の文


This translates into reduced emissions of carbon dioxide from oil- or coal-fired electrical generators.

「これによって、石油や石炭を燃やす発電機からの二酸化炭素排出の減少がもたらされる」


につながります。


挿入文には
thisと意味的に重なる表現はありません。

よってDに挿入文が入ると、thisが何を指すのか分かりにくくなるため、thisと内容的に直接重ならない挿入文がDに入ってくることはないと判断できます。


この「■の後の代名詞に注目」することで、正解か迷っている■が簡単に消去できる場合も多いので、挿入問題解法の際は必ず意識しましょう。


ということで、前回に引き続き、挿入問題の解法ポイントを
1つお伝えしました。


「なるほど。じゃあ、今度の本試験の挿入問題ではこの
2点を注意して解こう!」


と思っていただけるのは非常に嬉しいのですが、
Readingセクションでの大幅なスコアアップのためにはそれだけでは不十分です。


解法を活かすためには、基盤としての高い英語力が必要です。

この問題のパッセージを下に、挿入文を正解箇所に入れた形で再掲します。

パッセージをもう一度読んでください。

While all living things need sunlight, too much of it can be oppressive, even damaging. Any overheated dog or cat can appreciate the relief provided by a mature shade tree on a sunny day. The densest foliage, and so the densest shade, is found under the broad leaves of deciduous trees like oaks and maples. The narrower leaves of trees like willows and mimosa provide a dappled shade, which may be more beneficial to lawns and garden plants. By cooling the surrounding air, the shade from trees reduces the demand for air conditioning in nearby homes. This translates into reduced emissions of carbon dioxide from oil- or coal-fired electrical generators.

いかがでしょうか。植物の名前以外の単語の意味を理解したうえで、スラスラとパッセージが読めていますでしょうか。


TOEFL iBT
では(いわゆる)速読は必要ありません。

しかし、パッセージのほとんどにおいて、つっかえずに読めないと、制限時間内に解き終わらないということになってしまいます。


ただ問題を解いて、正解か不正解か確認するだけでは学習として不十分です。

問題を通して解法を磨くのは当然として、それだけではなく、パッセージの中の単語の意味を覚え、構造が分からなかった文の文法を確認することによって、問題集の問題パッセージをスラスラと読み理解できるようにする必要があります。


問題集
1冊くらいの問題量に対して、それだけの作業をやって実力が上がらない訳がありません。

常識で判断できる話です。


でも、単語の意味を全部確認するのは面倒くさいし、時間がかかる。

意味が分からない文では、そもそもどの文法事項がポイントになっているのかさえ分からない。


分かります。

皆、そうです。


だからウェブトフルのコースでは、単語リストを用意し、文法的に理解しにくいと思われる文には、単語リストに文法解説を載せています。

また質問メール制度によって、理解できない箇所に対する説明を受けられます。


以下、先ほどのパッセージに対する単語リストです。

植物の名前まですべて覚える必要はありませんが、その他の単語の意味は理解できるようにしなくてはなりません。


このパッセージ、必ずスラスラ読めるようにしましょう!

oppressive                         過酷な、耐え難い

damaging                           有害な、損害を与える

overheated                        熱しすぎの、過熱した

appreciate                          ~をありがたく思う

relief                                  (苦痛、心配などの)除去、軽減

mature                               十分に成長した

shade tree                         日よけの木

foliage                                葉、群葉

deciduous                          [植物](樹木が)落葉性の

oak                                     [植物] オーク(の木)

maple                                 [植物] カエデ、モミジ

willow                                 [植物] 柳

mimosa                              [植物] ミモザ

dappled                              まだらの

beneficial to                       ~のためになる、~に有益な

lawn                                   芝生、芝地

cool                                    ~を冷やす、冷ます

demand for                        ~に対する需要、必要

translate into                      (結果として)~になる、(形が)~になる

emission                                 排出、排気

carbon dioxide                   二酸化炭素

coal-fired                           石炭を燃料とする

electrical generator            発電機

 


 

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。