他の予備校と比べてどこが優れている?

2017-03-28

WebTOEFLのコース受講をご検討中という方から

 

「他の予備校と比べて優れているところを教えてほしい」

 

というご質問をいただきました。

 

提供するTOEFL対策における違いは、「授業内容」と「サービス形態」の2つが主なポイントになるかと思います。
(他には「コース受講料」もありますが、こちらは調べればすぐに分かることなので、特には説明しません。)

 

「授業内容」に関しては、他の予備校が何をどのように教えているか、私には分からないので語ることはできません。
ただウェブトフルの授業内容は、一部を「無料体験」で視聴できます。
特にListeningコースとReadingコースは1回分の授業をまるまる受けられます。
無料体験授業をご確認の上、他の予備校の授業内容と比較してください。

 

続いて「サービス形態」ですが、ウェブトフルはオンラインTOEFL対策コースであり、通学が求められる学校とは大きく異なります。
例えば、通学授業での「休んだらその回のクラスを受けられない」ということはありません。
またオンラインコースだから、インターネット環境があれば「いつでもどこでも受講可能」や「同じ授業を何度でも受けられる」「学習のペースは自分で決められる」などは当然のこと。

 

ウェブトフルのコースはすべて4ヶ月間間と設定されていますが「4ヶ月間で受講が終わらなかった」「再度授業を受けたい」というご要望に応えるため、受講期間延長・再受講を「無料」で提供しています。
よって、受講期間は実質、無期限となります。
目標スコアを獲得する日までご活用ください。

 

ウェブトフルのコースのその他の特徴に関しては以下をご一読ください。

 

ブログカテゴリー:すべてはスコアアップのために

 

Listeningで大幅なスコアアップが必要な場合、一般的にはListeningコースからの受講開始をお勧めしています。
まずは以下の「無料体験授業」から、Listeningコースの授業を体験いただき、受講されるかご判断ください。

 

「無料体験授業」

 

また以下、どのセクションの対策から始め、その後、どのセクションの対策へと移ってくべきかの判断にお役立てください。

 

ブログカテゴリー: 80点を目指す

ブログカテゴリー:100点を目指す

ブログカテゴリー:109点を目指す

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。