TOEFL Readingは単語を覚えていればスコアが上がる?(追記)

2016-07-23

CATEGORIES Reading対策, 単語力についてby.Katsurayama0 Comments

今回は、先日の投稿

 

TOEFL Readingは単語を覚えていればスコアが上がる?(2016年7月12日)

 

への追記です。

 

「Readingスコアアップのためには、単語本を通して単語力を向上させれば十分だと思う」

 

と考えている方は、是非、以下のQuick PrepのReading問題に取り組んでみてください。

 

TOEFL iBT Quick Prep

 

Quick Prepには4つのVolumeがあり、6つのパッセージが収容されています。

 

Volume 1
The Rise of Teotihuacán(TPO8 Passage 1)

Volume 2
Extinction of the Dinosaurs(TPO8 Passage 2)
The Geologic History of the Mediterranean(TPO7 Passage 1)

Volume 3
Agriculture, Iron, and the Bantu People(TPO7 Passage 3)

Volume 4
Running Water on Mars(TPO8 Passage 3)
Ancient Rome and Greece(TPO7 Passage 2)

 

TPOはTOEFL Online Practiceの略称。ETSが提供している公式模擬試験のこと。
以下のETSの公式サイトでは現在、Volume 21-25が発売されています。

 

TOEFL Practice Online

 

TOEFLテストの日本事務局ではもっと多くの種類を扱っています。

 

TOEFLテスト公式教材ショップ(CIEEJ)

 

Quick PrepでのTPO7、TPO8とは、その昔に公式模試として発売されていたTPOのVolume 7、8のこと。
TPOでのまとまりに変えると以下のようになります。

 

TPO7

The Geologic History of the Mediterranean(Passage 1, Quick Prep Vol. 2)
Ancient Rome and Greece(Passage 2, Quick Prep Vol. 4)
Agriculture, Iron, and the Bantu People(Passage 3, Quick Prep Vol. 3)

 

TPO8

The Rise of Teotihuacán(Passage 1, Quick Prep Vol. 1)
Extinction of the Dinosaurs(Passage 2, Quick Prep Vol. 2)
Running Water on Mars(Passage 3, Quick Prep Vol. 4)

 

TPO7 または TPO8の組み合わせで60分で問題を解き、正解数・正解率からReadingの実力を測定しましょう。
正解数・正解率から導き出される予測スコアは以下を参考にしてください。

 

TOEFL Practice Online (TPO) 23 Reading & Listening スコア換算分析結果 その2(2015年10月29日)

 

そしてここが大切なポイントなのですが

「Reading問題を解く際に、これから取り組もうと考えている単語本を参照してもOK」

とします。
パッセージや問題を読んでいるときに意味を知らない単語があったら単語本でチェックする。
その際、制限時間
60分のタイマーを止めてください。
タイマーを止めて単語本を参照するのにいくらでも時間をかけても結構です。
意味を知らない単語が単語本にない場合は、あきらめて問題に戻ってください。


このようにすることによって、あなたは単語本に収容されている単語を完璧に覚えたのと同じ状態で、問題を解くことになります。
その上で何点取れるのか?

 

単語本参照中はタイマーを止めながらも制限時間内に問題を解き、全問正解だったら、TOEFL Readingセクションにおいて現在のあなたに「足りないのは単語力のみ」ということになります。
お手元の単語本の単語を覚えれば、本試験のReadingセクションにおいて高スコアを獲得できるようになるはず。

 

しかし単語本を参照しながらReading問題を解いても、正解数・正解率から予測されるスコアが自らの目標とかなり離れているのであれば、「向上しなければならないのは単語力だけではない」と分かります。
よって、そのような方が単語本だけに取り組んでも、Readingで目標スコアにはたどり着かないと予測されます。

 

Readingスコアアップに必要なのは単語力だけではないと最初から分かっているのであれば、上記の作業は不要です。
Quick PrepはOfficial Guide(青い本)やOfficial Tests(赤い本)などの公式TOEFL問題集への取り組みが終わった時に、更なる問題演習を積む際にご活用ください。

 

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。