84点獲得のご報告をいただきました! その1

2016-05-31

CATEGORIES 受講生スコアアップ報告by.Katsurayama0 Comments

ウェブトフル受講生のSさんから、目標スコア80以上となる84点獲得のご報告をいただきました!

 

Sさんが受講されたのは以下の6コース。

Listening Delta 18 Dayコース(2016年2月半ばから)
Reading Delta 18 Dayコース(2016年2月半ばから)
InDependent Writing 4 Dayコース(2016年2月末から)
InTegrated Writing 4 Dayコース(2016年3月初から)
Listening Official Guide 8 Day演習コース(2016年3月末から)
Reading Official Guide 8 Day演習コース(2016年4月初から)

 

Sさん、目標スコア獲得のご報告をいただき、ありがとうございます!
またご報告のブログ掲載に快諾、そして取り組みに関して追加で回答いただき、心より感謝申し上げます。

 

Sさんは2ヶ月半ほどの対策期間で目標としていた80点以上のスコアを獲得されました。

以下、Sさんからいただいたご報告全文です。
また、追加でお知らせいただいたTOEFL対策開始前の英語力とTOEFL対策に費やした学習時間のご報告もその下に掲載させていただきました。

次回の「その2」でSさんのご報告に対する私の感想を書きます。

 

————————————————————————————————-

 

webtoefl
葛山先生、スタッフの皆さま

初めてご連絡いたします。受講生のSと申します。
目標スコアが80でしたが、前回の試験で84点を達成することができましたので、ご報告をさせてください。

 

2016/4/23     R20 L19 S14 W21 T74
2016/5/7       R27 L20 S17 W20 T84

 

下記の6コースを受講しました。

・Listening Delta18dayコース / OG 8dayコース
・Reading Delta18dayコース / OG 8dayコース
・InDependent Writing 4dayコース
・InTegrated Writing 4dayコース

 

今年2月ごろのTOEFL勉強の開始直後、手始めにOfficial Guideを解いてみました。
その時、あまりの難易度に圧倒され、これは一体どう勉強していけばできるようになるのだろうかと途方に暮れてしまったことを今でも覚えています。

webtoeflを見つけ、体験版のレッスンを受けたとき、TOEFL攻略という自分にとっては非常に大きな山を越える道しるべを得たような気持ちでした。
実際に受講してみると授業もアサイメントも難易度、量も非常にやりごたえがあり、大変ながらもやりがいを感じながら、授業ごとの区切りをペースメーカーに非常に効率的に勉強できたと感じています。
疑問点に関しては、すべてQ&Aで解決することができ、一つ一つの問題を確実に吸収しながら進めることができました。

 

もちろん自分だけではないと思いますが、仕事をしながらのTOEFL対策は非常に肉体的にも精神的にも正直つらかったです。
それでもwebtoeflのおかげで、充実感を感じながら毎日の勉強に臨めました。
最初に解いたOGの難易度とその時の自分の実力の差を考えると、webtoeflに出会えてなければ、スコア達成にさらに時間がかかり、最悪の場合、留学自体を諦めてしまっていたかもしれません。
本当にありがとうございました。
スコアの提出期限まではまだ少し余裕があるので、他の留学の準備を進めながら、苦手なリスニングとやり残しを感じるライティングの対策を中心にTOEFLの勉強を続けようと考えています。
これからも、またよろしくお願いいたします。

 

————————————————————————————————-

 

・TOEFL受験対策前の英語力について
TOEFLを本格的に始める前は、2015年1月受験のTOEICで875。
また、およそ一年前より仕事での海外顧客との英文メールのやり取り、英文プレゼン資料の作成が一週間に数回程度あります。

 

・TOEFL勉強時間
平日は一日4時間半程度(朝、出勤前1.5時間程度、帰宅後3時間程度)、土日祝日はそれぞれ6時間程度は机に向かっていました。一週間で35時間程度だと思います。
出張や残業をしない日もあったため、たまに増減はありましたが、おおよそ上記の通りです。

 

平日は主にリーディング、リスニングを半々程度の比率で対策を行っていました。
昼休みには、毎日単語の暗記をしていました。
主にオリジナル単語リストを利用し、市販の単語帳も活用することで単語力の向上に努めました。

 

休日は、平日の勉強内容に加え、ライティングの両コースの自筆エッセイ(添削後、アドバイスに従ってさらに加筆、修正したもの)、サンプルエッセイ、即センの暗唱を行いました。
このおかげで、ライティングは短期間で目標とする20点を死守できるラインに到達できたと思います。

 

振り返ってみれば、対策を初めて約3か月間必死に取り組んできましたが、webtoeflのおかげで非常に密度の濃い勉強ができたと実感しています。
特にリーディングは、解法に則ることで自信を持って回答を選ぶことができるようになり、正答率を大きく上げることができ、これが目標スコア達成の決め手となりました。

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。