モチベーションアップ その10

2016-02-19

CATEGORIES モチベーションアップby.Katsurayama0 Comments

先日、以下のブログ記事で

 

モチベーションアップ その9(2016年2月8日)

 

「自分が今手にしているもの」を前向きにとらえ、与えられた環境で最善を尽くしましょう。

 

と書きました。

しかし、その「与えられた環境」って、以外と変えられるかもしれません。

 

「仕事が夜遅くまである。」
「他にやらなければならないことがある。」

 

分かります。
でもあなたを忙しくしているものって、あなたが望む「留学の実現」よりも大切なものでしょうか。

 

「今は仕事を頑張りたい時期。だからTOEFL対策に時間が取れなくても、留学開始の時期が遅れてもしょうがない。」

 

ということなら、1セクションのみの対策に絞ったりと少ない時間でできることを考えましょう。
状況にもよりますが、まとまった時間が取れないからと、単語集など、TOEFLの問題と直接関係のない取り組みだけを進めると、自分の実力の進捗が感じられにくく、結果、モチベーションが下がりTOEFL対策から離れてしまうことが多いので、注意しましょう。

 

失敗しやすいTOEFL対策 その6「TOEFL問題への取り組みを行わず、英語基礎力向上の勉強ばかりしている」(2015年11月21日)

 

失敗しやすいTOEFL対策 その7「TOEFLとは関係ないものに取り組みスコアアップを目指している」(2016年1月10日)

 

しかし留学の実現の方が、現在自分が追われていることよりもあなたの人生にとって重要ならば、多忙の要因を減らす方法がないか考えてみてください。

 

当然、あなたが忙しいのには理由があり、その状況は簡単に変えられないかもしれません。
でも一言、周りにお願いをするだけで改善されることもあったりするものです。

 

社費で留学されるという方は、会社があなたの留学をバックアップしている状況なのですから、学習時間が十分に取れないという現状を訴えれば、配慮してもらえるかもしれません。
私費で留学されるという方は、今、働いている会社、近々辞めるということですよね。
ならば、会社のためにそこまで一生懸命にならなくてもよいのでは。

 

もちろん、人それぞれ状況が違うものであり、ほとんどの人にとって仕事を早めに上がらせてもらうのは、私が言うようには簡単ではないことは分かっています。
しかし責任感の強いあなたからのお願いだからこそ、配慮してもらえるかもしれません。

 

「言ってみても損はない」ということならば、お願いしてみてもいいのではないでしょうか。

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。